年々増えていく肌の悩み

20代の頃に比べ、そして30代、40代と年々肌への不満が増えていきます。

40代の今の悩みは、シミ、たるみ、乾燥が特に気になるようになりました。

そこで、毎日わたしがやっている事をお話したいと思います。

朝、夜、お風呂に浸かりながら、マッサージクリームなどで、顎のラインを耳の付け根に向けて10回。

次に耳の付け根から首のライン鎖骨へ向かい下へ10回。

次に鎖骨に沿うように喉元へ10回。

次に喉元から今度は鎖骨下側を通り肩の付け根に10回。

最後に脇の下を10回。

左右ともにマッサージをして腐敗物を流す事をしています。

お風呂上がりには化粧水をたっぷり両手で顔を覆うように優しく抑えて浸透させます。

その後、美容液を手のひらにとり少し温めてから顔全体に浸透させ、目の下、まぶたには薬指を使い2度塗りをします。

次に乳液を手のひらにとり、こちらも少し温めてから顔全体に浸透させます。

最後に特に気になるほうれい線、目の下にワセリンを優しく塗って終わりです。

全てにおいて、化粧品を肌に優しく置くと言う感覚で決して叩いたり擦ったりはしませんし、ワセリンは伸びがあまり良くないので、手のひらで少し練って柔らかくなってから薬指でそっと撫でるようにしています。

この事を毎日欠かさず続けることによって、以前に比べ乾燥と目の下のたるみが防げるようになったと思います。

お肌が弱かった私が変わった理由

私は高校生の頃からとってもニキビに悩まされていました。

毎日鏡を見るのが辛くて何度も何度も皮膚科に通い続けたり自分に合った基礎化粧品探しを十代の頃から始めていました。

そのおかげもあってか27歳の今も比較的お肌は綺麗に保たれていますし、自分に見合った基礎化粧品や本当に良いものを選ぶ目利きができる様になっています。

今のスキンケア方法はシンプルです。

優しいクレンジングオイルで化粧を落とし、濃密泡洗顔でしっかりと汚れを落とす。

個人的に今使っている洗顔はかなりおすすめできます。

ワンプッシュでかなり濃密な泡が出てきて使いやすく無香料、値段も2000円以下と手頃。

その後は先行美容液を使い、昔から使っている先行乳液を使って少し時間を開けてから化粧水を美顔器を使って浸透させていきます。

次に美白用美容液を塗ります。

しっかり手のひらで温める様に包み込む様に浸透させてあげます。

最後にクリームで蓋をして終わり。

ドレッサーに座りじっくりとスキンケアをしてあげると身も心も芯から癒やされていきます。

昔お肌にコンプレックスがあった分こうして丁寧にスキンケアを出来る気持ちを持ち続ける事が出来ているのであの時の辛い思い出も今ではいい思い出になっています。

これから先の人生もお肌に優しく携わりたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする